ブログタイトル

DLBCL の Hans の基準

 DLBCL 診断の亜分類の基準である Hans の基準について。

 

 

DLBCL の Hans の基準

  悪性リンパ腫の一種であるdiffuse large B-cell lymphoma (DLBCL) はB細胞性で、細胞が大型を呈するリンパ腫であるが、分類上は「B細胞性」の「大きい細胞からなる」「その他の」リンパ腫という扱いになり、ある意味でゴミ箱 (waste basket) 診断項目ともいえる部分がある。

 

 このDLBCLを亜分類して、予後との相関を見た論文がある (Hans CP et al. Blood 2004, PMID: 14504078, PubMed, Blood) 。

 論文では、DLBCLをDNA array を用いて発現プロファイル(GEP)を解析し、その特徴から、腫瘍発症のカウンターパートの細胞との比較で、germinal center B cell-like (GCB)であるか、そうではない(non-GCB)かに分けると予後が層別化されることが示されている。

 GCBが予後不良であり、non-GCBが予後良好である。

 

 この論文はGEPを用いているが、実際にすべての症例にマイクロアレイやシークエンスを行うことは現実的ではない。そこで、免疫染色でDLBCLのGEPを代用させる分類方法も記載されている。これが Hans の基準 (Hans classifier) である。

 

 基準は免疫染色を用い、CD10、BCL6、MUM1 (IRF-4) の3種の抗原の発現を確認する。陽性とするカットオフ値は30 %としている。基準は下図の通り。

 

f:id:minesot:20181019044137j:plain

 

 言葉で表せば、

     ・CD10陽性 →  Germinal center B cell-like (GCB)

     ・CD10陰性かつBCL6陰性 → non-GCB

  ・CD10陰性かつBCL6陽性 → MUM1陽性でnon-GCB
                  MUM1陰性でGCB

 となる。

 

 DLBCLを分ける基準はほかに、Muris の分類 (CD10 と MUM1 でGCB と Activated B cell-like (ABC)を分ける (Muris et al. J Pathol 2006.PMID: 16400625, PubMed) が知られている。