ブログタイトル

ハゲタカジャーナル(悪徳雑誌)の見分け方、査読依頼、インパクトファクター…

ハゲタカジャーナル(悪徳雑誌)について何度か書いてきましたが、今回はそういったジャーナルの見分け方などについて書きたいと思います。 ハゲタカジャーナルは、日本医学会は悪徳雑誌、Wikipedia では捕食出版としていますね。この記事ではあまり考えずに言…

ハゲタカジャーナルへ(悪徳雑誌)の投稿を控えるよう日本医学会が注意喚起

ハゲタカジャーナルへ(悪徳雑誌)の投稿を控えるよう日本医学会が注意喚起 以前にこのブログでも「ハゲタカジャーナル」について紹介しました。 ハゲタカジャーナルは、粗悪学術誌のことで、法外なお金を取るだけでなく、その査読などもいい加減で、学術的に…

【論文紹介】SOX-11陰性 マントル細胞リンパ腫75例の臨床病理学的検討 / AJSP

マントル細胞リンパ腫に関する新しい論文が AJSP に出ていたので紹介いたします。 マントル細胞リンパ腫 (MCL)は、B細胞性リンパ腫で、indolent と aggressive の中間程度の悪性を示すことが知られており、形態学的には小~中程度の大きさの均質な細胞の単調…

病理学会主導のAMED事業の胃生検診断AI、実証実験開始。

日経メディカル(2018/11/26) に「胃生検病理診断用のAI、診療現場での検証を開始」という記事が出ていました(会員でないと読めないかもしれません)。 日本病理学会秋季大会が行われていましたが、その中で2018年11月22日に記者会見が行われました。 病理学会…

【書籍紹介】リンパ腫アトラス

病理医必携の新着書籍を一冊紹介いたします。

血液病理関係の講演会・学会・研究会の情報 2018年10月

2018年10月 新着の血液病理関係の講演会・学会・研究会の情報です

DLBCL の Hans の基準

DLBCL 診断の亜分類の基準である Hans の基準について。

【書籍紹介】見逃してはならない血液疾患 病理からみた44症例

病理診断医、血液内科医におすすめの血液病理関連書籍の紹介です。

【書籍紹介】Ioachim's Lymph Node Pathology

病理診断のリンパ腫関連の書籍として、リンパ節診断の為のおすすめ書籍の紹介です。

プライバシーポリシー

この記事は当ブログにおける個人情報の保護指針およびその扱い方についてまとめたものです。どうぞお読みください。 個人情報の収集について 本ブログのの利用者は匿名のままで、当ブログを自由に閲覧する事が可能です。 お問合せ等、場合によっては、利用者…